SPINEARは、デジタル音声市場において、企画制作・配信・データ提供までを担う、唯一無二の存在です。ストーリーを通して、想像力をかき立てる有意義な音声コンテンツをお届けします。
2020年のサービス開始より70以上のオリジナルポッドキャスト、ブランデッドポッドキャストの企画、制作、配信を行っています。
ポッドキャスト・音声コンテンツを通してより良い体験を生み出し、より良い社会のために日々成長を続けます。

Branded Podcasts

SPINEARブランデッドポッドキャストと共にチャレンジしましょう!日本のポッドキャスト市場で認められた、SPINEARのプロフェッショナルチームが、高品質で成果に繋がるポッドキャストの制作・配信を実現します。お気軽にお問い合わせください。

Original Podcasts

SPINEARオリジナルポッドキャストと共にチャレンジしましょう!日本のポッドキャスト市場で認められた、SPINEAR のプロフェッショナルチームが、高品質で成果に繋がるポッドキャストの制作・配信を実現します。お気軽にお問い合わせください。

| Hosts & Guests | Hosts & Guests | Hosts & Guests | Hosts & Guests | Hosts & Guests | Hosts & Guests

Ryohu

Ryohu

Ryohu

HIPHOP クルー・KANDYTOWN のメンバーとしても活動するラッパー / トラックメーカー。 10 代より音楽活動を始める。OKAMOTO'S のメンバーと共にズットズレテルズとして活動。2016 年、KANDYTOWN として 1st AL『KANDYTOWN』を Warner Music Japan からリリース。2017 年にはソロとして本格始動し、EP『Blur』(2017 年)、Mixtape『Ten Twenty』(2018 年) を発表。2019 年には 5 都市にて開催されたソロツアーは大盛況のうちに幕を閉じた。2020 年、GU×SOPH. のコラボレーション・コレクション「1MW by SOPH.」への楽曲提供、イメージビジュアルとしても参加する。Base Ball Bear、Suchmos、ペトロールズ、OKAMOTO'S、あいみょんなど様々なアーティストの作品に客演する。2020 年 10 月、Victor / SPEEDSTAR RECORDS から配信シングル「The Moment」をリリース。

寺崎裕香

寺崎裕香

Yuka Terasaki

熊本の商店街で生まれ育つ。 私は酒屋の娘でしたが、お酒は一滴も飲めません! 小学生3年生の頃から、地元の養成所にてお芝居、歌、ダンスを学び、年に一回の舞台公演やテレビCM、広告などのお仕事を子役としてはじめました。 高校卒業後上京し、幼児教育を学びながら芸能活動。 大学卒業の際、ミュージカルのオーディションを人生の選択をかけて挑戦。最終の11人まで残り残念ながら落選しまたが、その時の審査員の方に「声質が面白いから声優にならないか?」と声をかけられたのをきっかけに声の世界へ入り現在に至ります。 大好きなお芝居でご飯を食べる!という夢を叶えてくれたのが声優というお仕事。 常に新しい感動と良い意味での裏切り(サプライズ)を与え続けられる役者を目指しています! 代表作は「イナズマイレブンGO(松風天馬)」「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ(クーデリア・藍那・バーンスタイン)」「FBI: 特別捜査班(クリステン・チャザル〈エボニー・ノエル〉)」など多数。

波羅夷空却

波羅夷空却

Kuko Harai

不良僧侶。由緒ある寺、【空厳寺】の息子。14 歳の時に父である灼空が成しえなかった荒行を成し遂げる。粗暴で僧侶らしくないが、信心深く、仲間を大切にする一面があり、独自の説法のような言葉をよく口にする。群れることを嫌い、単独で行動することが多い。昔、イケブクロ・ディビジョンの山田一郎と【Naughty Busters】というチームを組んでいた。

平本 早苗

平本 早苗

Sanae Hiramoto

(株)リクルートスタッフィング執行役員 東京営業統括部統括部長。特定非営利活動法人キャリアカウンセリング協会理事も兼任する。(株)リクルートに入社後、中途採用事業に従事。その後、自身の希望により(株)リクルートスタッフィングに転籍。事務派遣事業、BPO事業に携わる。2015年、東京23区の事務職派遣事業を担当する東京営業統括部執行役員に着任。

橘潤二

橘潤二

Junji Tachibana

青森県弘前市にて生を受けるも、まだ幼いうちに埼玉県へと移り住む。 中学卒業後、必死に勉強して県内の進学校に入学するものの、演劇部に入ることで道を踏み外し芝居に興味を持つようになる。 その後早稲田大学社会科学部に進学し積極的に舞台出演を重ね、『柿喰う客』等への客演を経てスクールデュオの一般オーディションに合格、現在に至る。 趣味はラジオを聴きながら散歩すること。 ラーメン二郎が好き。 ラーメン全般好き。 代表作は「デトロイト」「ブラック・クランズマン」「シリコンバレー狂騒曲 」など

青木理

青木理

Osamu Aoki

ジャーナリスト、ノンフィクション作家。1966 年、長野県生まれ。慶応大卒業後の 1990 年、共同通信入社。大阪社会部、成田支局などを経て社会部記者。警視庁の警備・公安担当などを務める。その後、韓国・延世大学の韓国語学堂に留学し、外信部へ。2002 年から 2006 年までソウル特派員。2006 年に独立し、フリーランスに。現在は、雑誌や書籍などでノンフィクション作品を発表する一方、テレビやラジオのコメンテーターなどとしても活動している。主な著作は『日本の公安警察』(講談社現代新書)、『北朝鮮に潜入せよ』(講談社現代新書)、『国策捜査』(角川文庫)、『絞首刑』(講談社文庫)、『ルポ 拉致と人々』(岩波書店)、『トラオ』(小学館文庫)、『誘蛾灯』(講談社+α文庫)、『安倍三代』(朝日文庫)、『日本会議の正体』(平凡社新書)、『時代の抵抗者たち』(河出書房新社) など多数。最新刊は『時代の異端者たち』(河出書房新社)。

香山リカ

香山リカ

Rika Kayama

1960年北海道生まれ。東京医科大学卒業。精神科医としての豊富な臨床経験を活かして、現代人の心の問題を中心にさまざまなメディアで発言を続けている。 2022年からは北海道むかわ町穂別診療所で地域医療にもチャレンジしながら、東京での精神医療も続け、二拠点生活を楽しんでいる。 2023年4月、北洋大学客員教授に就任。 【主な著作】 『デジタル依存症』、さくら舎、2022 『友だちのひみつ』、小学館、2021 『大丈夫。人間だからいろいろあって』、新日本出版社、2019 『しがみつかない生き方―「ふつうの幸せ」を手に入れる10のルール』、幻冬舎新書、2009 【連載誌】北海道新聞(ふわっとライフ)、 毎日新聞(ココロの万華鏡)、 創(『こころの時代』解体新書)、 SFマガジン(SENCE OF REALITY)など多数

とんだ林蘭

とんだ林蘭

TONDABAYASHI RAN

とんだ林蘭 (とんだはやし らん) 1987年生まれ、東京を拠点に活動。 コラージュ、イラスト、ぺインティング、立体、映像など、幅広い手法を用いて作品を制作する。猟奇的でいて可愛らしく、刺激的な表現を得意とし、名付け親である池田貴史(レキシ)をはじめ、幅広い世代の様々な分野から支持を得ている。東京スカパラダイスオーケストラや木村カエラ、あいみょんといった音楽アーティストや、ファッション業界からはGUやZUCCa、New Balanceとコラボレーションするなど幅広い活動をしている。

News